business 起業・スタートアップ

個人事業主として起業するやり方。【1日で完了します】

business

フリーランスの人など、個人事業主として「独立・起業」したいという人は、

国に手続きしないといけません。どのように手続きをすればいいのかを解説していきます。

 

これ
wasabi

どうもワサビです。
学生のうちに独立して、右も左もわかりませんでした。こういった細かい手続きなどはめんどくさいんですが、最初にやるべきことをやっておいた方がいいと思います。

本記事の内容

・個人事業主として起業する場合の手続き方法と注意点

・開業届と一緒に税務署に出しときたいもの

個人事業主として起業するやり方

 

税務署へ開業届を出す。←コレだけで完了です。1日で終わります。費用はかかりません。

※事業主の自宅住所を管轄する税務署。

※開業届の提出期限は開業日から1ヶ月以内なので注意が必要です。

開業届(個人事業の開廃業届出書)

国税庁のサイトから開業届の用紙をダウンロード

引用元

まずはこちらをダウンロードます。そちらに必要項目を記入すればOK。簡単ですのですぐに終わります。

屋号を決める

屋号とは、会社名みたいなものですね。
なんでもいいのですが、初めての起業だと悩みますよね。

オススメの決め方は、

事業内容に沿ったものにする。です。

理由は今後事業やっていく上で、お花屋さんのフラワーみたいなパッと覚えてもらえるものにすべきです。

事業の概要

開業届に事業の概要を記入する欄があるのですが、自分がやる事業を記入すればいいのですが、どうやって書けばいいのか迷っちゃうという人にオススメのサイトがあります。

会社目的検索(定款・登記記載目的事例検索サービス)

自分はマーケティングの分野で起業するぜって人は、検索窓に「マーケティング」と打ちます。

 

そうすれば画像のようなマーケティングに関する、他の会社の登録されている事業の概要が出てくるので、似たものを探して記入します。

事業の概要は何個でも書いて大丈夫です。
やる事業は、全て書いておきましょう。

開業届の提出方法は3つ

書類持ってお近くの税務署に提出しにいきます、提出方法についてもいくつかあるので紹介しておきます。

①税務署へ直接持参する
②税務署に郵送する
③税務署の時間外収受箱に投函する

税務署へ直接持参する場合

直接税務署の窓口に出す方法です。

税務署へ持参するもの

・印鑑
・マイナンバーが分かるもの
・身分証明書

②税務署に郵送する

税務署に郵送します。返送用封筒も忘れずに。(控えを受け取る必要があります)

郵送するもの

1. 開業届2部
2. マイナンバーカード(もしくは通知カードと免許証・パスポートなど顔写真付き身分証のコピー)
3. 郵送用封筒+郵送用切手
4. 返信用封筒+返信用切手
5. その他提出書類(青色申告承認申請書等)

③税務署の時間外収受箱に投函する

こちらは税務署の営業時間内にいけない方向けにポストに投函できるので、それで問題ありません。

 

開業届と一緒に税務署に出しときたいもの

税務署にせっかくいくなら、今後出しておいた方がいい書類についても紹介しておきます。
必要に応じて一緒に提出しておきましょう。

後々どうせ出さないといけないものもありますので、開業届と一緒に出すことをおすすめします。

・青色申告承認申請書
⇒青色申告控除を受けるための手続き
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
⇒給与支給人員が常時10人未満の「源泉徴収義務者」が源泉徴収した税金関係の納税を、半年に1回にする手続き
・青色事業専従者給与に関する届出書
⇒家族に給料を支払うもしくは家族の給料を経費にしたい場合に行う手続き
・給与支払事務所等の開設届出
⇒給与等の支払事務を取り扱う事務所等を開設した場合に行う手続き

はい、内容は以上です。簡単でしたね。知らず知らずに手続き忘れて後手後手にしないようにしていきたいですね。

 

人気記事 起業の初心者におすすめの本【厳選7選/何度も読んだ方がいい】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました